在庫の評価損を計上できる場合とは?

在庫の評価損は「いつ」「どのような場合」に計上することができるのでしょうか?

法人税法では、破損、型崩れ、たなざらし、品質変化等により通常の方法によって販売することができない場合には、評価損(=経費)を計上することができるとなっています。

具体的に、調剤薬局の場合ではどのような場合が該当するのでしょうか?

それは、医薬品が「有効期限切れ」「異臭」「異味」「変色」「変形」「破損」「沈殿」等の状態になってしまった時です。

この場合、当然通常の方法で販売することはできませんよね。

決算期末にこのような状態になっている医薬品が無いかどうかチェックしてみましょう。


お電話でのお問合せはこちら 本社:03-3539-3047(営業時間:平日 午前9時〜午後7時) 横浜支店:045-440-6087(営業時間:平日 午前9時〜午後6時)
インターネットからのお問合せはこちら(24時間365日受付中)

当社の出版物

あの社長の羽振りが いいのにはワケがある

あの社長の羽振りがいいのにはワケがある

著者 /
見田村元宣
出版社 /
すばる舎リンケージ
価格 /
¥1,575 円(税込)

amazonで購入


「儲かる!会社」に一瞬で変わる

「儲かる!会社」に一瞬で変わる

著者 /
見田村元宣
出版社 /
インデックス・コミュニケーションズ
価格 /
¥1,575 円(税込)

amazonで購入


「会社が危ない!」と思ったときにお金をひねり出す61の方法

「会社が危ない!」と思ったときにお金をひねり出す61の方法

著者 /
見田村元宣 他 著
出版社 /
日本実業出版社
価格 /
¥1,575 円(税込)

amazonで購入


朝9時までの「超」仕事術

朝9時までの「超」仕事術

著者 /
見田村元宣
出版社 /
インデックス・コミュニケーションズ
価格 /
¥1,575 円(税込)

amazonで購入

Copyright(C) 2011. Japan Central Acconting Firm Co., Ltd. All Rights Reserved.